お金を借りる至急web窓ロ(本日中にネットで借りる方法)

お金を借りる至急web窓ロ

お金を借りる至急web窓ロでは、至急でお金を借りたい方に向けて、「ネットだけで完結」「1時間以内に借りられる」の条件でオススメをご紹介しています。

急な出費やトラブルで、お金が足りなくなることは誰にでも起こりえることです。

 

当サイトでは、至急でお金を借りたい方に向けて、「ネットだけで完結」「1時間以内に借りられる」の条件でオススメをご紹介しています。

 

一番早く借りられるのは、カードローンのWEB完結申し込み

現在、現金を一番早く借りられる方法は、消費者金融系カードローンになります。

 

具体的には最短1時間弱で、借入完了できてしまいます。

 

しかも、WEB完結できるので店舗に行かずともスマホだけで完了できるのです。即日融資は当然として、1時間で店舗にもいかずに借りられるのは本当に便利です。自宅で申し込みから審査まで完了できますし、近所のコンビニで現金を引き出せます。

 

つまり、今どこにいたとしても、すぐに申し込み可能という事です。消費者金融の店舗を探したり、駅まで出向く必要もないので最速です。

 

お勧めのカードローンとその選び方

至急でお金を借りたい方にお勧めのカードローンは以下となります。

すべてカード発行なし(カードレス)が選択でき、WEBで申し込みをすれば、スマホアプリを使ってコンビニATMなどから借り入れ可能です。

 

急いでいる方に関しては上記2社がお勧めとなります。

 

おすすめ2社の選び方について

至急でお金を借りたい方におすすめ2社の選び方について解説します。それぞれ特徴があるので、簡単です。

SMBCモビット

特徴は何といっても「WEB申込みなら審査の際に勤務先に在籍確認の電話をしない」という点です。

 

電話されると悪目立ちする職場環境の方であればモビットを選びましょう。モビットのマイナス点は「利息ゼロ期間がない」というところくらいです。

 

ただし、モビットのweb完結は「国民健康保険」の方は申込できません。その場合の対処法などは以下の記事を参照ください。

▶モビットの詳細についてはこちら

 

▶モビットのWEB完結申込みページ

 

プロミス

プロミスは最大金利が「17.8%」と最も低いです。他社は18%なので、0.2%お得になります。消費者金融で初めて借りる方は、ほとんどの場合最大金利が適用されるため、プロミスが金利的に優れています。

 

▶プロミスのWEB完結申込みページ

 

今回は簡単に各社の特徴だけを比較しましたが、更に詳しく知りたい方は以下の記事から確認ください。

 

▶カードローンの種類と選び方について

 

家族に秘密で借りたい方も安心

お金は借りたいけど、家族には知られたくないという方も多いと思います。前述の消費者金融3社については、WEB申込みなら「郵送物」が一切ありません。

 

更にカードレスですから、財布に消費者金融のカードを入れる必要もありません。

 

ですから、第三者に借り入れを知られる心配はありません。

 

WEB申込みの必要書類について

WEB申込みする際は、必要書類は写真に撮ってアップロードする形になります。

 

先に写真を撮っておくとスムーズに進みます。

 

共通して必要な書類としては、以下になります。

 

・身分証(免許証、パスポートなど)
・収入証明(給与明細、源泉徴収票など)
・勤め先確認資料(健康保険証)

※給与明細などの収入証明に関しては、借り入れの額や保険証の種類によって直近一か月分であったり、数か月分必要の場合もあります。

 

WEB申込みの審査時間はおおむね30分程度

 

WEB申込みの審査時間は、30分程度の場合が多いです。

 

審査が通るか心配な方は、申し込みHP上に「簡易審査」があるので、試してみると良いでしょう。数秒で簡易的に結果が分かります。

 

この簡易審査で問題ない方は、ほとんどの場合問題なく借り入れ出来ます。

 

審査に若干の不安がある方は、初回申込時の借り入れ金額を控えめにすると審査通過率がだいぶ上がるので、必要最低限の額で申込することをおすすめします。

 

初回借り入れが終わってから、増額申請した方が簡単ですし、少額で申込んでも最初からその数倍の枠がもらえることも多いです。

 

審査については以下でも解説しています。

 

▶カードローンの審査について

 

審査なしでお金を借りる事は可能?

結論から書きますが、基本的に審査なしでお金を借りる事は出来ません

 

消費者金融などは「貸金業法」で貸し付けに関して法規制があります。

 

そこで、返済能力等の審査を義務付けられているため、無審査での貸し出しは違法になってしまうからです。

 

一昔前は、この辺りのルールがキチンと作られていなかったため、借金による破産が絶えませんでした。

その後法規制により、自己破産者の数は減りましたが、代償として以前の様には借りられなくなりました。

 

収入が無い専業主婦も以前は借りられましたが、現在では安定した収入(パートアルバイトでも可)がないと借りられません。

 

ただし、審査と言っても例えば、新規の申し込み(他社借り入れ無し)で50万円以下であれば、審査されるのは本人確認と勤め先だけです。

 

つまり、嘘をついていない限り基本的には通ります。

 

初回から高額の申し込みでない限り、それほど審査結果の心配する必要はありません。

 

ちなみに、高額で申し込む場合も、年収の三分の一以上の借り入れは不可です。

 

他社含めてその金額は超えられませんので注意してください。こちらも貸金業法で定められています。

 

ただし、公的融資制度に関してはこの限りではありませんので、役所等に相談してみるのは良いでしょう。

無職でもお金を借りられる?

職を失ってしまった場合こそお金が必要になるのは分かりますが、消費者金融系カードローンに関していうと、無職で借りるのは難しい状況です。

 

理由はシンプルで、貸金業法により、総量規制があり年収の三分の一を超える貸し出しが違法となってしまうからです。

 

これに対し、銀行法で規制されている銀行系カードローンに関しては、年金受給者や、専業主婦でも一部借りられる可能性があります。

 

とは言え、審査はやや厳しいと考えておきましょう。

 

無職の人がお金を借りたいと思ったときに考えられる方法は以下などがあります。

・職に就く
・役所などに相談して公的な融資を利用する
・生命保険などがあれば、契約者貸し付けを利用する
・クレカのキャッシング枠を使う

 

本当に生活に困窮するような状況であれば、まずは自分が住んでいる場所の市役所などに行って相談することをおすすめします。

 

後ほど、改めてご紹介しますが

生活福祉資金貸付制度
求職者支援資金融資制度
緊急小口資金貸付

 

これらを利用することが出来ます。現在ではコロナの影響を受けて職を失ったり、収入が減った方に向けて自治体が独自の支援を行っているところも多いです。

 

いきなり相談が嫌な場合は、まず自治体のHPを見て確認してみると良いでしょう。

 

即日融資が不可能なカードローンに注意

テレビでカードローンのCMが大量に放映されています。

 

先ほどご紹介した、モビットやレイクなども良く見ると思います。

 

同時に記憶にあるカードローンに以下のような会社もあるのではないでしょうか。

・三井住友銀行カードローン
・三菱UFJカードローン(バンクイック)
・みずほ銀行カードローン

 

同じカードローンだし、こっちの方が銀行名で安心だから、こちらを選ぼうと考えるかもしれませんが、注意が必要です。

 

同じくカードローンとは呼びますが、こちらは「メガバンク系カードローン」と言って、先ほどご紹介した「消費者金融系カードローン」とは別物です。

規制する法律も銀行法となり、現在即日融資は行っておりません。

 

「今日中にお金を借りたい」といった方には向きません。

 

逆に、使用用途がしっかりしていて、返済計画も説明できる方。

 

その上で数百万を借り入れしたい方は、審査に数日必要ですがチャレンジしてみる価値はあります。

 

上手くいけば、金利を抑えられる可能性があります。

 

クレジットカードのキャッシング枠を使う

もしあなたがクレジットカードを持っているのであれば、キャッシング枠がついているのか確認してみましょう。

 

ついているのであれば、手持ちのカードで即キャッシング可能です。

 

コンビニATMなどが対応している場合が多いです。

 

ただし、クレジットカードのキャッシング枠はあまり大きくないことも多いので、複数のカードを使ってキャッシングしてしまうことになりがちです。

 

そうすると、返済日(引き落とし日)がバラバラで大変だったりするので、とりあえずの危機を乗り切ったら、カードローンなどを使って一つにまとめることをおすすめします。

 

消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠の金利は、ほぼ同じです。

 

注意点としては、クレジットカードのキャッシングできる金額はショッピング枠の利用状況に応じて変わります。

 

ショッピング枠いっぱいまで買い物をすると、キャッシングが出来なくなってしまいます。

 

自分が現在いくらまでキャッシングできるのか分かりにくいのも、クレカキャッシングの使いにくい点ですね。

 

なお、現在キャッシング枠がついていない方が、キャッシング枠を新規で申込むと、そこから審査になります。カード会社によっては審査結果が出るまで数週間待たされるところもあるので、急ぎであればおすすめしません。

 

即日じゃなくていいので低金利という方には

焦ってはいるけど、今日明日に必要というわけではないという方は、金利が少しでも安いところにチャレンジする方が良いでしょう。

 

借りる目的がはっきりしている方ほど、低金利で借りられる可能性が高まります。

 

低金利で借りられる金融機関は以下などがあります。

 

・地方銀行のカードローン (1.8~14.95%)
・信用金庫        (13%)
・JAバンク        (0.77~10.70%)
・労金          (3.875~8.475%)

 

例えば車を買うので、お金を借りたい場合など、車屋さんで信販会社のローンを組むより、はるかに安い金利で借りられる場合が多いです。

多少手間ですが、労金などのHP(https://chuo.rokin.com/loan/car_loan/)を見るだけで、チェックできますから事前に比べてみると良いでしょう。

 

地方銀行のカードローンは預金口座があれば、審査で優遇も

もし、あなたが地方銀行の預金口座を持っているのであれば、その銀行にカードローンがあるのか確認してみましょう。

扱っている場合、審査で優遇されるケースがあります。 給与振込口座になっていれば更にプラスですね。

 

地方銀行のカードローンの方が消費者金融系カードローンより上限金利が安いので、お得です。

 

ただし地方銀行が展開するカードローンの貸付対象となるのは、店舗の営業エリア内に居住している人のみです。

 

運転資金であれば日本政策金融公庫に相談しよう

個人事業主や経営者が事業性資金としてお金を借りたいのなら、国の金融機関である日本政策金融公庫の融資制度に申し込みましょう。

 

政府系の金融機関なので、状況が悪くても相談に乗ってくれますし、審査も民間より通りやすいです。

 

(日本政策金融公庫HP:https://www.jfc.go.jp/n/company/profile.html

 

特に一般貸し付けに関しては、運転資金にも使えるなど用途が広いのが特徴です。

 

運転資金という事は、基本的に用途は問わないという事になりますし、それでいて金利は(0.71~2.55%)ととても低いです。

 

一般貸付は対象となる業種も幅広く、信用保証対象業種の範囲内であれば水商売や娯楽業の人でも貸付対象となることも注目すべき点です。

 

無職でも借りられる公的融資制度を利用しよう

収入が少なかったり、無職で収入がゼロの人には、公的融資制度として国や市役所からお金を借りることが出来ます。

 

金利も無利子や3%未満となり、その後の状況によっては返済免除もあります。

 

基本的にすべて市役所や町役場などから申し込みを行います。

・生活福祉資金貸付制度(無利子~1.5%)
低所得により生活が困窮している国民

 

・求職者支援金融資(3%)
職業訓練受講給付金を受給している国民

 

・母子父子寡婦福祉資金貸付制度(無利子~1.0%)
生活が困窮しているひとり親世帯

 

・臨時特例つなぎ資金貸付制度(無利子)
公的融資を受けるまでの生活費が必要な国民

 

これらの融資に関しては、とにかく「窓口に相談に行く」ことが何より大切です。「自分が該当するだろうか?」などと悩んでいないで、とにかく相談に行ってみましょう。

 

緊急小口資金は最短5日で借りられる

生活福祉貸付制度の中にある「緊急小口資金」とは、緊急でお金が必要な方のためにある融資制度なので、申し込みから最短5日で借り入れ可能です。

 

生活困窮というと、収入ゼロなどをイメージするかもしれませんが、緊急小口の対象となる、世帯人数ごとの収入制限は以下となります。

 

世帯人数
1人(月収191000円未満)
2人(月収272000円未満)
3人(月収335000円未満)
4人(月収383000円未満)
5人(月収425000円未満)

 

恐らく想像より高かったのではないでしょうか? このように、対象範囲は意外と広いのでとにかく困ったら役場に相談することが必要となります。

 

おまとめローンで金利を抑える

おまとめローンとは、複数社からの借り入れをまとめて一本化する方法のことです。

 

例えばプロミスから20万円、レイクから40万円借りている場合、アコムのおまとめローンを利用すると合計60万円を借り換えられます。

 

借り換えたお金でプロミスとレイクからの借り入れを清算するため返済はアコム1社のみになり、毎月の支払いにおける負担が軽減される仕組みです。

 

さらにおまとめローンは適用利率を現在の借り入れよりも低く設定してもらえ、支払う利息総額を抑えられる利点があります。

 

更におまとめローンは、借り換えローンは総量規制の例外に該当しますので、年収の3分の1以上を借りることも可能です。

 

返済計画も立てやすくなり、返済日も統一できるのでメリットは大きいです。

 

従業員貸付制度を利用する

会社に福利厚生の一環として従業員貸付制度が導入されている場合があります。審査もゆるいですし、金利も大抵の場合最もお得になります。

 

ただし、申し込む際に上司の許可が必要であったり、用途をしっかり説明しないといけないなど、使いにくいケースもあります。

 

金利的にはお得でも、例えばその後の移動で「経理には行けなくなる」など今後の評価に影響を与える可能性も否定はできません。

 

お金を借りる至急web窓ロ まとめ

至急でお金が必要な方に向けて、色々なお金の借り方や、その選び方についてまとめてみました。

 

簡単ですぐに借りられる消費者金融系カードローンから、政策金融公庫のような事業融資まで、あなたの状況に応じて選んでみてください。

 

「今急いで借りて凌いでも、すぐにどうにもならなくなる」

 

そのような状況であれば、市役所などに相談に行った方が良いでしょう。

 

逆に「今月使いすぎて、ご祝儀代がなくなったから少しキャッシングしたい」といった軽い用途であれば、WEB完結のカードローンが最強です。

 

お金を借りる方法は沢山ありますが、大切なのはどこで借りるかよりも、どのような返済計画を立てるかです。

 

現在ではかなり気軽に簡単にスマホ1台でお金が借りられるようになりました。

 

気軽に借りられることはありがたいのですが、借りすぎるリスクも高まります。

 

返済計画を立てたうえで、無理のない借り入れを行うようにしましょう。