金融

お金がない!困ったときの解決策tz

「ああ・・どうしようお金がない・・」

 

きっとあなたは、お金がない悩みで頭を抱えている状況だと思います。

 

そんな方の手助けになるように、当サイトでは具体的に「お金がない」状況を早急に解決する方法を3つご提案します。

 

「生活費の見直しから~」「節約の方法は~」なんて後回しです。

 

とりあえず、最短1時間以内に、当面の問題をクリアしてしまいましょう。

 

お金がない時に一番早い解決は、スマホだけでお金が借りられるこの方法

現在お金に困っているのであれば、最も早い方法は、スマホ完結でお金が借りられる、カードローンを利用することです。

 

メリットは以下です。

 

パートやアルバイトでも申し込み可能
申し込みから借入までスマホだけで完了できる
約1時間後で、自分の口座に振り込みか、コンビニなどから現金が受け取れる
カードレスを選択できるので郵送物が一切なく、家族にばれない
無利息期間があるので、その間に返すことが出来れば無利息で利用可能

カードローンと聞くと構えてしまう方も多いかもしれませんが、現在のカードローンは、基本スマホ完結できるため、店舗に行く必要もないので、ノンストレスで借りられます。

 

しかも、審査時間を含めても申し込みから1時間程度で、借り入れ可能です。

 

直接自分の口座に振り込んでもらうことも出来るので、自宅から一歩も出ずに借り入れられます。

 

また、コンビニのATMも使えますから、本当に便利になりました。

 

もちろん、借金ですから計画的に返さなければいけませんが、とりあえず今の悩みは解消できますし、その時間で返済計画などを立てれば良いでしょう。

 

おすすめのカードローンはプロミスです。

最大金利が他社に比べ安い事と、無利息期間30日あり、バランスが良いのが特徴です。

 

もちろん、カードレス可能ですから、自宅で完結出来ます。

 

プロミスについては以下の記事で申し込み方法や注意点をまとめているので、読んでみてください。

 

▶プロミスweb完結申込tz(1時間で融資可能)

手持ちの売れそうなものを整理する

プロミスに比べると時間が多少かかってしまいますが、手持ちの売れそうなものをメルカリに売るのも良いでしょう。

 

洋服なども1年以上着たことがないものは売ってしまっても良いと思います。

 

売り方としては、ある程度価値が分かっているものはメルカリ、自分自身で価値が良くわからないものはヤフオクを使うと損をしにくいです。

 

特にメルカリの場合は、「こんなもの売れるわけがない」といったものでも、部品として売れたりするので、チェックしてみると良いでしょう。

 

同じ理由で、壊れた電気製品なども需要があったりするので、調べてみましょう。

 

国の公的支援制度を利用する

現在お金がないうえに、失業中でカードローンの審査が通らないといった方も居るでしょう。

 

そのような方は、公的制度を利用しましょう。

 

至急でお金が必要な方は「緊急小口資金」、多少時間的余裕があるなら「生活福祉資金貸付制度」です。

 

これらは、市役所で受け付けてくれるので、まずは相談に行って、自分がどのようなものが対象になるか確認することが大切です。

 

公的融資は20種類以上あるので、自分で「これを使おう」と思うより相談に行った方が失敗しません。

 

その他、お金を借りる方法は色々ありますが、以下でまとめてあるので確認してください。

▶お金を借りる窓口至急

お金がない人の特徴はこれだ

さて、ここから先は耳の痛い話なると思いますが、根本的な解決策を知るためにも是非読んでみてください。

 

例えば病気で失業中などの状況は例外として、健康で仕事もしているのに「いつもお金がない」のであれば、以下のどれかに当てはまるはずです。

・熱くなりやすい
・計画性が全くない
・だらしない

 

熱くなりやすい

感情的というか熱くなりやすい人は、お金を失いやすい傾向にあります。
一番イメージしやすいのは、ギャンブルですね。

 

競馬に行って、最初は3万円だけと思っていたのに、負け続けると熱くなって、ATMに向かってしまう。

 

心当たりがある方は注意が必要です。

 

「俺はギャンブルはやらないけどな」

 

そんなあなたは、スマホアプリゲームに課金していませんか?

10連だけガチャしたつもりが、気づけばコンプするまでひたすら課金してしまう。

 

感情的な方は、搾取されやすいので気を付けましょう。

 

計画性が全くない

良く言えば、「楽天的」な方になります。 すべてにおいて「まあ、何とかなるっしょ」で片づけてしまうため、本当にどうしようもなくなってから事の重大さに気づいて手遅れになるタイプです。

自己破産する方に多いタイプですね。

出来るだけ、長期の計画を意識的に紙に書くなどすると徐々に解決できるようになります。

 

このタイプは現実逃避も得意なので、ストレスはため込みにくいメリットもありますが、逃避したところで現実は必ず襲い掛かってくることを理解しましょう。

 

だらしない

私生活においてだらしない方は、当然ですがお金に対してもだらしない傾向があります。

 

このような方は、普段の生活をきちんとすることで、自然とお金の使い方も計画的になるので、実は修正しやすいとも言えます。

 

まずは、自分の部屋の掃除から始めてみると良いでしょう。

 

「部屋掃除してもお金がないままだろ!」

 

そう思うでしょうが、そういった簡単なところから始めることが大切なのです。

 

お金がないのはあなただけではない

実は国内において、お金がないと感じている人は増え続けています。特に「単身世帯」の貯金ゼロ率は以下の通りかなり高い状況です。

【世代別】単身世帯「金融資産非保有」の割合

・20歳代:43.2%
・30歳代:31.1%
・40歳代:35.5%
・50歳代:41.0%
・60歳代:29.4%

40代でも3人に一人は「貯金ゼロ」つまり「お金がない」状況なのです。

 

データを見ると分かりますが、若い人が「お金がない」という事でもなく、現役世代全般が「お金がない」という事に気づきます。

 

貯金ゼロではないとしても、貯金100万円以下の割合が以下です。

 

・20歳代:71.5%
・30歳代:51.0%
・40歳代:50.7%
・50歳代:51.4%
・60歳代:38.5%

 

これでは、ちょっとした出費があればすぐに大半の人が「お金がない」状況に陥ることが分かると思います。

 

つまり、お金の悩みは大半の人に付きまとう悩みだという事です。

 

しかし、この実態はあまり感じにくいと思います。

 

なぜなら、

お金持ちは自慢をしたがり、貧乏人は貧乏を隠したがるからです。

 

SNSで見る他人は、自慢をしているか、無理をしているという事です。

 

そのような情報に惑わされず、「大半の人はお金に困っている」と考え、自分自身も堅実に節約生活をすることが大切なのです。

 

お金がない!困ったときの解決策tz まとめ

お金がない方に向けて、伝えたいことをまとめてみました。

 

至急で明日のお金が必要な方にはカードローンの便利さを、公的資金を利用できる方は相談することの大切さが伝われば幸いです。

 

しかし、一番伝えたかったことは、実はみんなお金がないという事ですね。

 

そのような日本の現実を悲観していても意味がないので、せめてこの文章を読んでくれたあなたは、長期的な視点で収入と支出のバランスを考え、金融資産を少しずつ作っていってもらいたいです。

 

この文章がそのきっかけになれば幸いです。