金融

カードローン 審査緩いのはどこ?tz-cmsa

カードローン 審査緩いtz-cmsa

カードローン 審査緩いtz-cmsaでは、カードローンの審査について解説しています。カードローンを初めて利用する際に最も気になるのは「審査が通るのか」という事だと思います。

 

その心配から「カードローンで審査が緩いところはどこだろう?」などとネット検索する方も多いと思います。

 

しかし、最初に結論を書いてしまいますが審査がゆるいカードローン会社は存在しません。

 

ただし、「審査が早いカードローン」と「審査をゆるくする方法」は存在します。

 

では、具体的にどこを選べばよいのか解説していきましょう。

審査が早いカードローンはどこ?

審査が早いカードローンですが、これは消費者金融系カードローンとなります。

具体的には以下などです。

これらのカードローンに関しては、審査時間はどこを選んでもおおむね30分程度で完了します。もちろん即日融資も可能です。

 

更に言うと、どのHPにもネット用の簡易審査のページがあり、そこを使えば匿名で、審査結果を見る事が出来てしまいます。

 

簡易審査の結果表示までの時間は長くて数十秒なので、審査結果が不安な方はとりあえず簡易審査をやってみると良いでしょう。

 

逆に審査結果が遅いのがメガバンク系カードローンとなります。

・みずほ銀行カードローン
・三菱URJ銀行カードローン
・三井住友銀行カードローン

 

これらのカードローンは銀行法で規制されているため、審査に最低でも一日以上かける必要があります。 そのため即日融資は不可となります。

 

カードローン各社の違いってあるの?

審査が早いという事はある意味簡易的な審査になりますから、審査を気にする方にオススメの消費者金融系カードローンですが、実は各社特徴があります。

特におすすめのカードローンとその理由について書いてみます。

SMBCモビット

モビットの良い点
会社に電話をされない
カードレス契約可能(郵送物無しなので家族にバレナイ)

 

モビットの良くない点
・無利息期間がない
・国民健康保険証の方はweb完結出来ない

 

モビットはサラリーマンにオススメのカードローンとなります。

 

その理由は、モビットのみ「web申込みで会社への在籍確認の電話をしない」と公言しているという事です。

 

やはり、お金を借りる事は誰にも知られたくないでしょうから、在籍確認の電話は避けたいものです。

 

「会社に電話をされるのは嫌だな」と思う方ならモビット一択だと思います。

 

モビットについてさらに詳しく知りたい方は以下をお読みください

▶モビットネット申込みの詳細

 

▶モビットのWEB完結申込みページ

 

プロミス

プロミスの良い点
初めての利用で30日間利息ゼロ
上限金利が17.8%で低め
国民健康保険(パート・アルバイト)でもweb完結可能
カードレス契約可能(郵送物無しなので家族にバレナイ)

 

プロミスの良くない点
・会社への在籍確認の電話あり

 

プロミスはオリコン顧客満足度調査で4年連続1位など、使いやすさのバランスがとても良いカードローンです。

無利息期間もありますし、その他2社が上限金利18%に対して17.8%と低いのも良い点です。

 

モビットが国民健康保険証の方はweb完結できないのに対して、プロミスなら可能です。

 

会社に在籍確認されることがそれほど問題ない方はプロミスがオススメですね。

 

▶プロミスのWEB完結申込みページ

 

アコム

アコムの良い点
初めての利用で30日間利息ゼロ
国民健康保険(パート・アルバイト)でもweb完結可能

 

アコムの良くない点
・会社への在籍確認の電話あり
・カードレス契約不可

 

アコムは知名度抜群の最大手カードローンとなります。最大手ならではの安心感は抜群です。

ただ、アコムだけはカードレス契約が出来ません。そのためweb完結申込み自体は出来るのですが、審査が通った後に店舗または無人契約機に行ってカードを発行しなければいけません(郵送も可)

 

その他の部分は基本的にプロミスと同じなので、最大金利もプロミスの方が低いですし、若干強みは少なく感じてしまうのも事実です。

 

アコムの詳細については以下をご覧ください。

▶アコムweb完結窓ロの流れ

 

▶アコムのWEB完結申込みページ

 

カードローンの審査をゆるくする方法とは

カードローンの会社によって、審査がゆるいという事は無いと書きました。

 

ただし、審査を通りやすくする方法は存在します。

 

それは、難しい事ではありません。

 

答えは、「借入金額を出来るだけ低くする」これだけです。

 

各社の審査基準は基本的に同じですが、申し込みする借入金額によって、難易度はハッキリと変わります。

 

例えば、消費者金融を初めて利用の方で、借り入れ申し込みが50万の方であれば、収入証明自体を審査時に不要とする会社も多くあります。

 

つまり、50万以下の申込みにすれば審査を通る確率が格段に上がるという事です。

 

50万じゃ少し足りないんだよな

 

そんな方も、まず50万で申し込んでから、増額を申請したほうが初回から大きい金額を申し込むより簡単です。

 

ちなみに、他社で既に借り入れがある場合、そちらと合計した金額で審査されますので注意が必要です。

 

例えばA社で既に20万借りていた場合、B社で借りる際には30万以内にすることがオススメです。

 

合計で50万を超えていなければ、審査は通りやすくなります。

 

ただし、あなたがサラリーマンで、借金自体が初めてであれば、もっと大きい金額でもほぼ通るので安心してください。

 

もし心配であれば、先に解説した「簡易審査」をやってみましょう。

 

審査がゆるいカードローンがあると勘違いしがちな理由

カードローンを利用する際に審査の基準は同じなのですが、巷では差があると思っている方が多くいます。

 

その理由は恐らく「賃貸の保証会社の審査」と混同しているからだと思います。

 

保障会社の審査というのは、一見するとカードローンと似たような審査になりますが、実は大きく違います。

 

賃貸の保証会社は、独立系の会社も多数存在し、そういった所は、カード会社などとデータ共有をしていないため、ブラックリストの方であっても、審査が通ってしまうのです。

 

このため、賃貸で審査が落ちると、別の保証会社を紹介されたりします。

 

その結果、審査OKになったりするため、同じようにカードローンでも審査が通りやすい会社があるのではないかと思ってしまうのです。

 

しかし、カードローンの場合、ブラックリストなどのデータ共有を行っていない会社はありませんから、どこで申し込んでも基本的には同じ結果となります。

 

「A社で落ちたけど、B社は貸してくれた」などという事は起こりにくいのです。

 

もしA社で落ちた場合は、B社で申込額を下げて挑戦すると良いでしょう。

 

カードローン 審査緩いのはどこ? まとめ

カードローンの審査が心配な方へ向けて解説してみました。

 

まとめると

・消費者金融系カードローンを使う
・初回の金額を50万以下にする

 

基本的にはこれだけで、ほぼ問題なく通るはずです。

 

初回から100万円以上借りたい方は、心配したり調べたりする時間があるなら、簡易審査を行ったほうが早いです。

 

▶モビットの10秒簡易審査ページはこちら

※モビットの簡易審査は10秒で結果が分かります。

 

とりあえず試してみると良いでしょう。