金融

プロミスWEB完結申込tz(1時間で融資可能)

プロミスweb完結申込tzでは、スマホを使って1時間で借り入れ可能な、プロミスのweb完結申込み方法について解説しています。

 

プロミスWEB完結申込みの流れ

1.プロミスのWEBサイトからスマホやPCを使って申し込む

2.申し込み後、入力したメールに「書類提出のご案内」というメールが届く

3.記載されているURLから本人確認の画像などを提出

4.審査(勤務先の確認などを含む)

5.審査結果がメールで届く、契約可能額も記載されている

6.審査が通れば、借り入れ可能(カード不要を選択しておく)

7.カードレス可能なので、自分の銀行口座に振り込みにて借入、またはセブン銀行からスマホアプリで借入

 

▶プロミスWEB完結申込みページ

プロミスWEB完結申込みの注意点

プロミスでWEB完結する際の注意点として、以下があります。

1.本人確認方法が2種類ある

プロミスでWEB完結するためには、「金融機関口座でかんたん本人確認」または「アプリでかんたん本人確認」のどちらかで本人確認する必要があります。

 

金融機関口座でかんたん本人確認」ですが、こちらは文字通りご自身がお持ちの口座と身分証などで本人確認を行います。

 

注意点として、こちらを選択すると返済方法が口座振替になってしまいます。口座振替を選択したくない方は、選ばないようにしましょう。

口座以外の本人確認資料は、以下のいずれか1点です。

運転免許証
健康保険証
パスポート(2020年2月3日以前に申請し、発行されたもので、住所欄に現在お住まいの自宅住所が記載されているもの)
マイナンバー(個人番号)カード (通知カードは不可)
在留カード/特別永住者証明書
住民基本台帳カード

続いて「アプリでかんたん本人確認」ですが、こちらは返済方法として、インターネット返済またはスマホATMより返済を行う形になります。

 

ただし、こちらを選択した場合の本人確認資料は以下のいずれか1点になります。もし持っていない場合は、「金融機関口座でかんたん本人確認」にしてください。

運転免許証
在留カード
マイナンバー(個人番号)カード

 

2.契約時にカード不要を選択する

WEB申込み時に、カード不要を選択せずに、カードありを選択してしまうと、自宅宛に契約書類やカードが郵送されてしまい、web完結になりません。

 

特に家族に秘密にしたい方は、間違えないように注意してください。

 

カード不要を選択し、web完結しておけば、明細などは自動的にweb明細になりますし、郵送物は一切ないので、家族に知られるリスクはありません。

 

収入証明って必要なの?

プロミス申込時に収入証明が必要になる方は以下のどちらか、または両方に該当する方です。

・希望借入額が50万を超える
・希望の借入額と他社との借入残高が100万円を超える

逆に言うと、他社の借り入れが無く、50万を借りたい方は、収入証明は必要ありません。

 

上記に該当する方は、以下の中から1点を送信する必要があります。

・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・税額通知書(最新のもの)
・所得(課税)証明書(最新のもの/「収入額」と「所得額」の記載があるもの)
・給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)
※賞与明細書がお手元にない場合は、直近2ヶ月分の給与明細書を送信してください。

 

▶プロミスWEB完結申込みページ

 

プロミスWEB完結のメリット

プロミスのWEB完結申込みを使った場合のメリットは主に以下の3点です。

・郵送物を一切なしに出来る
・カードレスでスマホを使って借り入れや返済が出来る
・最短30分で即日融資が可能

郵送物を一切なしに出来る

WEB完結申込みの場合、必要書類は入力ですから、手書きの必要も書類もありませんし、必要書類はスマホで写真を撮ってアップロードするだけなので、非常に楽に申し込めます。

 

その上で、契約書類や、月々の明細もWEB明細を選べるので、自宅に何かが送られてくることがありません。

つまり、家族に秘密にしたい方にも適しています。

 

カードレスでスマホを使って借り入れや返済が出来る

郵送物と同じで、プロミスのローンカードを持ち歩くのも、家族に借り入れがバレるリスクとなります。

WEB完結ならカードレスが選択できるので、そのリスクは無くなりますし、アプリを使って、カードと同じようにコンビニATMで借入や返済が可能なのでとても便利です。

 

最短30分で即日融資が可能

WEB完結申込みは、急いで借りたい方にとっても最速の借り入れ方法です。

HPには最短30分融資と書かれていますが、これはネットからのWEB完結の場合のみです。
もちろん、店舗に出向く時間も必要ありませんから、最速になります。

 

また、店舗に行って対面でお金を借りるのは意外とストレスを感じる方が多いので、それが無いのもとても良いですね。

 

▶プロミスWEB完結申込みページ

勤め先への在籍確認について

プロミスの審査では、WEB完結を選んだとしても、基本的には電話による会社への在籍確認を行います。

 

ただし、どうしても電話をかけられたくない方も居るでしょう。

その場合は、WEB申込みをした直後にプロミスコール(0120-24-0365)に電話をして相談してください。

ただし、必ず電話を避けられるという訳ではありません。

 

どうしても、電話をされたら困るという方は、消費者金融ではモビットが在籍確認の電話ナシを公言しています。

 

勤め先が嘘なのは論外ですが、シンプルに変な噂が立ちそうで怖いという方も意外と多いと思いますので、そういう方はモビットを検討されても良いでしょう。

 

モビットについては以下をご覧ください。

▶モビットweb完結申込tz(10秒で分かる審査結果)

 

▶プロミスWEB完結申込みページ

プロミスが他社に比べて優れている点

消費者金融は、どこを選んでも同じだと思っている方も多いでしょうが、各社微妙に違います。

 

プロミスの良い点は、上限金利が17.8%で、最も低い事です。

 

他社の上限金利は基本的に18%となっています。

 

初めての借り入れの場合、どの消費者金融も上限金利を適応する場合が多いので、そういった意味ではプロミスが最も金利が安いとも言えるかもしれません。

 

他社消費者金融との違いについては以下を参考にどうぞ

▶お金を借りる至急ネット窓口tz(本日中にかりる方法)

 

▶プロミスWEB完結申込みページ

プロミスの審査は甘い?審査を通りやすくする方法はある?

たまにネットのサイトを見ていると、「○○は審査が甘い」などと言った記事を目にすることがありますが、基本的にそれは嘘です。

 

消費者金融で借りる場合、どこを選んでも審査が通りやすいといった差はありません。

 

プロミスはダメだったけど、アコムはokだったなどと言う事は基本的に無いという事です。

 

ただし、審査を通りやすくする方法はあります。

 

それは、単純に初回借入金額を低くする事です。

 

目安としては、所得証明が必要ない50万以下で申し込むことで、審査を通る確率が格段に上がります。

 

とりあえず、審査を通ってから増額を申請する方が、最初から高額を借りるより簡単ですから、初回は押さえて申し込みましょう。

 

 

▶プロミスWEB完結申込みページ

審査が不安な方は、お借入シミュレーションを使おう

他社借り入れなどがあり、審査が不安な方も居ると思います。そんな方は、プロミスのHPにある、お借入シミュレーションを使ってみましょう。

 

匿名で利用できますし、上記のような簡単な入力画面で、一瞬で審査結果が表示されます。

 

借入可能かどうか、目安になりますから、気軽に試してみると良いでしょう。

 

▶プロミスWEB完結申込みページ

アコムとプロミスを比較するとどうなの?

消費者金融で最大手と言えば、アコムとプロミスになるでしょうし、知名度においてもその二つがダントツです。

 

では、アコムとプロミスでは違いがあるのでしょうか。

 

まず、先ほども触れたように、上限金利がアコム18%、プロミス17.8%と違います。

 

初めての利用で付いてくる、無利息期間は30日で同じです。

 

最も大きな違いは、プロミスがカードレス契約できるのに対して、アコムはカードレスの契約が出来ません。

 

ですから、アコムでWEB完結申込みをしたとしても、最終的にカードを郵送で受け取るか、店舗や無人契約機に出向いてカードを受け取る必要があります。

 

これらの違いを冷静見ると、プロミスの方が便利ではないかと個人的には思います。

 

アコムについて詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

▶アコムweb完結申込tz(ネットで即日完結)

 

▶プロミスWEB完結申込みページ

プロミスWEB完結申込み まとめ

プロミスは2022年オリコン顧客満足度調査では、ノンバンク系カードローンで第一位を獲得しています。

WEB完結の便利さだけでなく、アプリだけでセブン銀行を使った借り入れ可能など、消費者金融の利用者にとって、痒い所に手が届くサービスが人気の理由と言えるでしょう。

 

自宅に居ながら、振り込みだけで借入することも可能なので、とにかく借りる側にとっては便利ですが、その分借り過ぎには注意が必要です。

 

返済計画も考えた借り入れを心がけるようにしましょう。

 

そうすればプロミスは間違いなくとても便利なサービスと言えます。

 

▶プロミスWEB完結申込みページ